お題配布サイト、ジャニスへようこそいらっしゃいました。
自作発言・再配布を除き、お好きなようにご使用いただければ幸いでございます。
ジャニス:http://dorothyxx.web.fc2.com/ ( 200× / 88× / 31× )





最終更新:2018.05/03 +10


161-170



星空ドリップ
ひとはけの砂の海
俄雨プラネット
朝桜の吐息
冷めた部屋のファントム
春水の片隅に空白
ため息に咲いたちいさな恋
週末にそそぐ秘密のくちづけ
不透明な欲張り
小雨に潜む傷跡



151-160



水の切れ端にも花の夢
微炭酸の恋心
暗闇に溶ける五線譜
土曜日と日曜日のあいだ
透明な傷跡
薬指に氷花
涙に星がはじける
零れ桜が涙に溶ける頃に
つま先に落ちる枯野
どうかこの夜が少しでも長く続きますように



141-150



背中合わせのくちびる
どうか嘘つきなキスで愛して
セピア色のカクテルドレス
奪い合いの鍔迫り合い
できるだけ長く、短いキスを
滲んだ涙は星を描いてゆく
手繰り寄せた甘い嘘
裏切りの数だけキスを重ねて
さよならのうわごと
秒針の狭間で眠らせて



131-140



まばらな心臓に赤い糸を結びつけて
眦に沈んだふたつの影は
さよならをもう一度だけ
すり抜けた体温にキスして
最後の空中ラブレター
網膜の裏側で恋に堕ちる
星雲レモネード
雨粒の数だけ愛を贈るよ
雪の下で眠る蕾
残り香を掻き集めて



121-130



片恋アラモード
氷点下の涙
青と春の結び目を解いて
あの日の波音を小瓶に詰めて
秒針の細片を拾い集めて
ミルフィーユの鍵穴
右脳に咲く花
花綵の手錠
傷痕を花筏に沈めて
襟足に寄せる甘い舌



111-120



日陰で埋めるキス
意地悪な薬指を焼き増して
プラチナの花束で眠る
スパンコールの溜息
旱星に蕾を浮かべて
甘い型に溶け合う角度
オヤスミが軋む音
卑怯なサヨナラの傷痕
鼓膜の奥まで捻じ込む愛に
ビビットカラーの星が落ちる夜



101-110



ミモザの花束に嘘を鏤めて
錆びた溜息
即席のくちづけで濁す終夜
塗り潰すようにキスをして
縫い合わせるようにキスをして
だって僕等は不協和音
君で彩られる僕のコスメティック
ピンヒールで揺蕩う心を踏み潰して
君と僕の一瞬を星座で繋ぎ合わせて
泡沫プラネタリウム



091-100



来世の待ち合わせ場所は月虹にて
失恋同盟トワ・エ・モワ
僕のシャボン玉が消えた頃に
移り気ルージュと最後のくちづけ
君の心に甘いジャムを塗りたくって
恋心に爪を立てた君
濃厚なジェラシーで愛してあげる
蕩けてフォンダンショコラな君は
最初の優しいキス、最後の嘘つきキス
紫陽花に憂い溜息



081-090



剥がれたマニキュアノスタルジア
両頬に赤いスイートピー
枯野に咲いた霜柱
眠りの世界へ春雷
さよなら僕のかじかんだ初恋
甘い演奏はカクテルグラスへ溶けてゆく
僕と君の色彩を集めて
重なり合う僕らのキャンバス
色褪せた君の心に、僕は色をつけてゆく
水影にも淡紅花



071-080



胸いっぱいの花風を抱えて
名残雪とさよなら出来ない僕は
けれども花冷え
酸素に甘噛みして
沈殿した心に空蝉
二度と約束しないと誓ったあの日の約束
爪先から零れ落ちた音色
震える睫毛に魔法をかけて
アイシャドウは涙色
永遠の愛はおとぎばなし



061-070



探し物は過去の忘れ物
魅惑的誘惑モーションで幕切れを
砂漠に堕ちた恋
しゃにむにファーストキス
繋いだてのひらを溶接させましょう
空ぶった嘘を並べて
過去の断片を繋ぎ合わせて答え合わせ
君の心に狙いを定め、艶やかに発砲
空白に終止符を打つ夜
あべこべな真っ白闇の夜



051-060



海風に攫われた最終章
椿の微睡
くるりと回した傘にキスミーラブ
雨上がりの恋に優しくキス
仮初にも秋の空
涙でふちどるアイライン
波打ち際のステンドグラス
からっぽな花瓶に愛を詰め込んで
落ち葉で燃やした僕の空虚
君の心音アコーディオン



041-050



天の川で待ち合わせ出来ない僕等
花壇に並べた言葉を拾い集めて
過去の切れ端をカプセルに詰め込んで
失恋ファンデーション
センチメンタルメリーゴーランド
恋はプラチナメロディー
交響的恋愛曲
ビターカラメルキス
酸味に塗れた恋に恋をして
甘酸っぱいハーモニーを奏でて



031-040



そうさ僕の想いは砂糖まみれ
ほんのり落下していく速度は
丁寧な手紙にPSアイラブユー
君の睫毛の落涙キス
声が潤む前に僕の名前を呼んで
涙を散らかして、愛を捨てて
この恋も、曇りのち晴れのち雨のち晴れ
白粉花の軌道修正
僕等の初恋、遅桜につき
朝顔の空喜び



021-030



震えた薄氷はまるで僕のよう
瞼を閉じた先に残雪
くちびるの渇く頃に
指先でなぞるさよならの傷痕
残り香の別れ道
届かぬ願いに夜を重ねて
さよならを籠めて花束を
崩れ落ちた涙は潮騒
千切れ雲と手を繋いで
石楠花は夢を見る



011-020



花曇りの空を掴まえて
おもちゃ箱のキャンパスに星を散らして
君の恋心が散歩をはじめた
僕のリボンを君のハートに結んで
星雲からの恋雨
寝言で伝える僕は臆病者
十三番目の花びら
今宵のあだ花心中
罅割れたガラスの靴
溶けた淡雪はアイスクリームへと消えた



001-010



君の舌の上で愛殺害
くちどけの上品な君へ
僕の恋心をパラフィン紙に包んで
くり抜いた君の想いは柑橘色
饒舌に酔い切った宝石たちは
星型キャンディーを凍らせて
絵具で描いた明日も君が好きだと
華麗なる君への殺意も愛だけれど
君のくちどけクーベルチュール・チョコレート
贅沢な愛を召し上がれ














inserted by FC2 system